Q:質問
納品書は支店ごとに発行し、合計請求書は本社宛に一本化するには?
 A:回答
「得意先台帳」画面(「販売らくだプロ20」の場合、操作マニュアルP.142参照)で、本店及び各支店の名称を店舗ごとに登録します。
また、各支店の「得意先登録」画面で、「補足情報」タブをクリックし、「売上先:」を本社に設定しておきます。
 
<例>
会社名            売上先
らくだ商会 本社      (既定値)
らくだ商会 東京支店   らくだ商会 本社
らくだ商会 大阪支店   らくだ商会 本社
 
納品書は通常通り、支店の得意先情報を使用して作成し、合計請求書の自動作成の際は、「請求先の選択」画面(「販売らくだプロ20」の場合、操作マニュアルP.111参照)で本社のみを選択してください。
 
※売上先の設定を本社にした場合、「得意先元帳」等の集計表もすべての売上額(入金額)が本社に計上されます。

この資料は以下の製品について記述したものです。
販売らくだプロ20 販売らくだプロ4 販売らくだプロ5 販売らくだプロ6 販売らくだプロ7/7.5 販売らくだプロ8/8.5 販売らくだプロ9