Q:質問
住民税はどのように入力しますか?
 A:回答
各事業所に送付される「市区町村民税・都道府県民税特別徴収額通知書」には、6月と7月以降の住民税が記載されています。これを以下の手順で「社員台帳」に設定します。
 
以下の作業は、上記通知書の住民税を適用し始める月の明細書を作成する直前に行います。例えば、2019年度分の住民税を2020年6月の給与明細書から控除し始める場合には、2020年5月の給与明細書を作成するまでは住民税の設定を変更せず、2020年6月の給与明細書を作成する直前に設定を変更します。前年度分の住民税で計算すべき明細書を作成し終える前に行わないようご注意ください。
 
(1) メインメニューの[社員台帳]アイコンをクリックします。
 ※画像は「給料らくだプロ」です。
 
(2) 「社員基礎情報」画面上部の[所得税・住民税]タブをクリックします。
(3) 「所得税・住民税」画面が表示されますので、[端数月住民税]欄に6月の住民税、[住民税]欄に7月以降の住民税を入力します。
 
これにより、6月給与明細書には[端数月住民税]欄に入力した金額が自動記入され、7月以降の給与明細書には[住民税]欄に入力した金額が自動記入されます。
 
以下の関連情報をご参照ください。
住民税の端数調整月を変更するには?
6月の明細書作成で、住民税が自動記入されません。

この資料は以下の製品について記述したものです。
給料らくだ20 給料らくだ5 給料らくだ6 給料らくだ7/7.5 給料らくだ8/8.5 給料らくだ9 給料らくだプロ20 給料らくだプロ5 給料らくだプロ6 給料らくだプロ7/7.5 給料らくだプロ8/8.5 給料らくだプロ9 かるがるできる給料20 かるがるできる給料3 かるがるできる給料4 かるがるできる給料5.1/5.5 かるがるできる給料6/6.5 かるがるできる給料9 かるがるできる給料2特別限定版