Q:質問
明細書の用紙型番を後から変更することはできますか?
 A:回答
給与明細書をある月から別の用紙型番に変更したい場合や、一部の社員の明細書を誤って別の用紙型番で作成してしまった場合、「用紙型番変更」機能を使用して変更することができます。以下の例をご参照ください。
 
※変更できる用紙型番は、変更前の用紙型番により異なります。項目数が多い型番から少ない型番に変更することはできません。詳しくは、以下のFAQをご参照ください。
「用紙型番変更」機能では、どの用紙型番へ一括変換できますか?
 
例:「A4給与明細1」で作成済みの明細書を「BK-2001」に変更する。
(1) メインメニューの[給与参照・編集](または[給与一覧])アイコンをクリックします。
 ※画像は「給料らくだプロ」です。
 
(2) 「給与明細書一覧」画面左上の[編集]メニューをクリックし、[用紙型番変更]をクリックします。
 
(3) 「明細書の用紙型番変更」画面が表示されます。[支給年月]欄で変更したい明細書の支給年月を選択し、[変換前]・[変換先]欄の用紙型番をそれぞれ選択して、[OK]ボタンをクリックします。
※[変換前]欄で選択された用紙型番によって、[変換先]欄のリストに表示される用紙型番が変わります。リストに表示されない用紙型番に変更することはできません。
 
(4) 「○年○月支給分の用紙型番を「(変換前用紙型番)」から「(変換先用紙型番)」へ変更してもよろしいですか?」という確認メッセージが表示されます。間違いがないことを確認し、[はい]ボタンをクリックします。
 
(5) 「○件の明細の用紙型番を変更します。本当に変更してもよろしいですか?」というメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。
 
(6) 「○年○月支給分の明細の用紙型番を「(変換前用紙型番)」から「(変換先用紙型番)」へ変更しました。」というメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
 
(7) 「給与明細書一覧」画面の[用紙型番]欄で、用紙型番が変わっていることをご確認ください。
 
なお、変換することができない用紙型番に変更したい場合は、「給与明細書一覧」画面で作成済みの明細書を削除し、メインメニューの[給与明細書]アイコンから、用紙型番を選択し作成し直してください。

この資料は以下の製品について記述したものです。
給料らくだ20 給料らくだ21 給料らくだ22 給料らくだ5 給料らくだ6 給料らくだ7/7.5 給料らくだ8/8.5 給料らくだ9 給料らくだプロ20 給料らくだプロ21 給料らくだプロ22 給料らくだプロ5 給料らくだプロ6 給料らくだプロ7/7.5 給料らくだプロ8/8.5 給料らくだプロ9