Q:質問
歩合給の項目を作成し、自動計算することはできますか?
 A:回答
■「給料らくだ5」シリーズ以降の場合
「件数×単価」、「回数×単価」のように、出来高等によって歩合給を支給する場合、以下のいずれかの方法をご利用ください。
 
●単価が社員一律である場合
例:1件につき1,000円の歩合給項目を作成する。
(1) 計算の基になる件数を入力するための項目を作成します。明細書画面の空いている項目名欄をクリックし、「件数」と入力して、[Enter]キーで確定します。(項目の名称・場所は任意)
 ※画像は「給料らくだプロ」です。
 
(2) 「新しい項目が入力されました。登録しますか?」というメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。
 
(3) 「項目登録」画面が表示されますので、[属性]の中から「その他」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
※「その他」がリストに無い場合は、[支給項目・控除項目・すべて]の中から[すべて]を選択し、[推奨する属性のみを表示する]にチェックを付けてください。
 
(4) 支給項目の空いている項目名欄をクリックし、「歩合給」と入力して、[Enter]キーで確定します。(項目の名称・場所は任意)
 
(5) 「新しい項目が入力されました。登録しますか?」というメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。
(6) 「項目登録」画面が表示されますので、[属性]の中から[推奨する属性のみを表示する]のチェックを外し、「任意計算式(支給)」を選択します。
 
(7) 同画面右下の「「任意計算式」の設定」を以下のように設定します。
項目名 又は 値: 件数 ※ドロップダウンリストから(1)の項目名を選択
四則演算: ×
項目名 又は 値: 1000
四則演算: (空欄)
項目名 又は 値: (空欄)
1円未満の端数処理: 四捨五入 ※設定は任意
 
(8) [OK]ボタンをクリックして「項目登録」画面を閉じます。
(9) 「件数」項目に件数を入力し、[更新]ボタンをクリックします。
(10) 「歩合給」項目に自動計算された金額をご確認ください。
 
1名分の明細書画面で上記のように項目を作成したら、他の明細書にも「件数」項目と「歩合給」項目をセットし、それぞれ「件数」を入力して自動計算を行います。
 
●単価が社員ごとに異なる場合
単価が社員ごとに異なる場合は、明細書上に単価を入力するための項目が必要になります。
 
例:1件につき社員Aは1,000円、社員Bは1,200円の歩合給項目を作成する。
(1) 計算の基になる件数を入力するための項目を作成します。社員Aの明細書画面の空いている項目名欄をクリックし、「件数」と入力して、[Enter]キーで確定します。(項目の名称・場所は任意)
 
(2) 「新しい項目が入力されました。登録しますか?」というメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。
 
(3) 「項目登録」画面が表示されますので、[属性]の中から「その他」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
※「その他」がリストに無い場合は、[支給項目・控除項目・すべて]の中から[すべて]を選択し、[推奨する属性のみを表示する]にチェックを付けてください。
 
(4) 明細書画面の空いている項目名欄をクリックし、「単価」と入力して、[Enter]キーで確定します。(項目の名称・場所は任意)
 
(5) (2)〜(3)と同じ手順で項目を登録します。
(6) 支給項目の空いている項目名欄をクリックし、「歩合給」と入力して、[Enter]キーで確定します。(項目の名称・場所は任意)
 
(7) 「項目登録」画面が表示されますので、[属性]の中から[推奨する属性のみを表示する]のチェックを外し、「任意計算式(支給)」を選択します。
 
(8) 「「任意計算式」の設定」を以下のように設定します。
項目名 又は 値: 件数 ※ドロップダウンリストから(1)の項目名を選択
四則演算: ×
項目名 又は 値: 単価 ※ドロップダウンリストから(4)の項目名を選択
四則演算: (空欄)
項目名 又は 値: (空欄)
1円未満の端数処理: 四捨五入 ※設定は任意
 
(9) [OK]ボタンをクリックして「項目登録」画面を閉じます。
(10) 「件数」と「単価」をそれぞれ入力し、[更新]ボタンをクリックします。
(11) 「歩合給」項目に自動計算された金額をご確認ください。
(12) 社員Bの明細書画面を開き、空いている項目名欄に「件数」・「単価」・「歩合給」の各項目をそれぞれセットします。
(13) 「件数」と「単価」をそれぞれ入力し、[更新]ボタンをクリックします。
 
なお、「給料らくだ7〜9/20」で、計算の基になる項目(件数・単価等)を明細書に印刷したくない場合は、以下のFAQをご参照ください。
明細書に印刷しない項目を設定するには?
 
■「かるがるできる給料2特別限定版」以降の場合
「件数×単価」、「回数×単価」のような歩合給を自動計算することはできません。「その他支給」属性の項目を使用し、金額を手入力してください。
 
例:件数と歩合給の項目を作成し、5回×1,000円を計算する。
(1) メインメニューの[項目台帳]アイコンをクリックします。
 ※画像は「かるがるできる給料20」です。
 
(2) 「項目台帳」画面が表示されます。[属性]欄が「その他支給額」となっている項目のうち、未使用の項目名を「歩合給」に変更します。(項目の名称は任意)
※項目名を変更した時に、「この項目は明細書で使用されています。〜変更してもよろしいですか?」というメッセージが表示される場合は、既に明細書で使用されている項目です。[いいえ]ボタンをクリックし、他の項目を使用してください。
 
(3) [詳細]ボタンをクリックして「項目登録」画面で[自動計算して記入。または、社員情報より転記]のチェックを外し、[OK]ボタンをクリックします。
 
(4) [属性]欄が「その他」となっている項目のうち、未使用の項目名を「件数」に変更します。(項目の名称は任意)
 
(5) 項目を設定したい明細書を開き、空いている項目名欄に、「歩合給」と「件数」をセットします。
(6) 「歩合給」の金額欄に計算式「5*1000」を直接入力し、[Enter]キーを押して計算します。
(7) 「件数」に「5」を入力します。 ※この値は他の項目に影響しません。
(8) [更新]ボタンをクリックし、「歩合給」項目の金額が「支給額合計」に反映されていることをご確認ください。

この資料は以下の製品について記述したものです。
給料らくだ20 給料らくだ5 給料らくだ6 給料らくだ7/7.5 給料らくだ8/8.5 給料らくだ9 給料らくだプロ20 給料らくだプロ5 給料らくだプロ6 給料らくだプロ7/7.5 給料らくだプロ8/8.5 給料らくだプロ9 かるがるできる給料20 かるがるできる給料3 かるがるできる給料4 かるがるできる給料5.1/5.5 かるがるできる給料6/6.5 かるがるできる給料9 かるがるできる給料2特別限定版