Q:質問
固定資産を購入した場合、どの科目で帳簿を入力しますか?
 A:回答
減価償却を行う固定資産を購入した場合、[科目区分]が「その他支出」となっている科目を使用することにより、決算書「損益計算書」画面への取り込みで、経費の対象外となります。以下の例をご参照ください。
 
例:「その他事業外支出1」(科目区分:その他支出)を「設備購入」に変更し、帳簿を入力する。
 
(1) メインメニューの[随時処理]タブをクリックし、[台帳]アイコンをクリックします。
 ※画像は「かるがるできる青色申告」です。
 
(2) [科目台帳]タブをクリックし、「科目台帳」画面で、「その他事業外支出1」を「設備購入」に変更します。
※帳簿で既に使用されている科目の名称を変更すると、既存の明細の科目名も変わってしまいますのでご注意ください。
※適切な科目名についてご不明な場合は、最寄の税務署等、専門機関にお尋ねください。
 
(3) 出納帳(または買掛帳)に、(2)の科目を使用して明細行を入力します。
 
なお、帳簿への記帳とは別に、「固定資産台帳」にも入力し、年間の必要経費算入額を算出してください。
 
<参考情報>
固定資産台帳を作成しても、減価償却費が決算書に計上されません。
取得価額30万円未満の減価償却資産の即時償却はどのように入力しますか?

この資料は以下の製品について記述したものです。
かるがるできる青色申告20 かるがるできる青色申告21 かるがるできる青色申告22 かるがるできる青色申告2014 かるがるできる青色申告2015 かるがるできる青色申告2016 かるがるできる青色申告2017 かるがるできる青色申告2018 かるがるできる青色申告2019