Q:質問
明細行の税区分を一括で変更するには?
 A:回答
旧バージョンからデータ移行したため、税区分が「課税(8%)」になっているべきところが「課税(5%)」になっている等の理由で、一定期間内にある明細の税区分を変更したい場合には、「置換」機能を使用して、一括で行うことができます。以下の手順をご参照ください。
 
例:2018年の明細データのうち、「課税(5%)」となっている税区分を「課税(8%)」に一括で変更する。
 
(1) メインメニューの[設定]アイコンをクリックします。
 ※画像は「かるがるできる青色申告」です。
 
(2) [全般設定]項目をクリックし、[選択リストですべての帳簿・科目の内容を一覧表示できるようにする]にチェックを付け、[OK]ボタンをクリックします。
 
(3) メインメニューの[出納帳]アイコンをクリックし、任意の帳簿を開きます。
(4) 画面左下の[選択]ボタンを押し下げ、画面左上に表示される「帳簿選択」の中から「(すべての帳簿を表示)」を選択します。
 
 
(5) 画面上部の年月タブの中から[年度]タブをクリックします。
 
(6) 年度内の全出納帳明細が表示されたことを確認します。
(7) 画面上部の[編集]メニューをクリックし、[置換]をクリックします。
 
(8) 「置換」画面が表示されますので、「置換対象」から[税区分を置換]を選択します。さらに、「置換内容」の中を[置換したい税区分:課税(5%)]、[置換後の税区分:課税(8%)]とします。また、対象明細の[消費税]の金額を、税率に合わせて再計算したい場合は、[消費税額を再計算]にチェックを付けます。
 
(9) [実行]ボタンをクリックします。
(10) 確認メッセージが表示されますので、内容に間違いがないことを確認し、[はい]ボタンをクリックします。
 
(11) 再度確認メッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。
 
(12) 「○件の明細を置換しました。」という確認メッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。
 
(13) 置換後の各明細の[税区分]と[消費税]の金額が変わっていることをご確認ください。
 
※「かるがるできる青色申告2015」以降、「出納らくだ7」以降で売掛帳・買掛帳を使用されている場合は、各帳簿で同様の作業を行ってください。

この資料は以下の製品について記述したものです。
出納らくだ20 出納らくだ7/7.5 出納らくだ8/8.5 出納らくだ9 かるがるできる出納20 かるがるできる出納5/5.1/5.5 かるがるできる出納6/6.5 かるがるできる出納9 かるがるできる青色申告20 かるがるできる青色申告2015 かるがるできる青色申告2016 かるがるできる青色申告2017 かるがるできる青色申告2018 かるがるできる青色申告2019