Q:質問
家事按分の[明細書出]を実行すると、「「家事消費」帳簿に今年度の明細が存在します。〜」というメッセージが表示されます。
 A:回答
同じ年度での明細書出をすでに1度行っていて、その明細が残っている場合、「「家事消費」帳簿に今年度の明細が存在します。すでに家事按分の明細書出が実行されている可能性があります。家事按分の明細を作成してもよろしいですか?」という確認メッセージが表示されます。
 ※画像は「かるがるできる青色申告2019」です。
 
1回目の実行時に「家事割合(%)」の入力が間違っていた、または不足していたため、修正や追加入力を行って再度[明細書出]を行いたい場合、そのまま[はい]ボタンで実行してしまうと、1回目に書き出した分と二重に按分が行われてしまいます。
このメッセージが表示された場合は、[いいえ]ボタンをクリックし、「家事按分の書き出し」画面を[キャンセル]ボタンで閉じて、1回目に書き出された明細行をすべて削除してください。
1回目に書き出しを行った際の設定によって明細がどの帳簿に書かれているかが異なりますが、通常、[帳簿]は「家事消費」、[摘要]は「家事按分((本日日付)処理)」となっています。
 
上図の状態で実行した場合、2018年12月31日の[家事消費]帳簿に書き出されていることになります。この場合は、メインメニュー[売掛帳]アイコンから[家事消費]帳簿を開き、対象年度の[12月]タブをクリックして、12月31日に書き込まれている家事按分の明細をご確認ください。
 
[明細書出]で書き出されている明細行を削除するには、1行ずつ[行削除]ボタンで削除するか、表示されている明細すべてが削除対象であれば、[編集]メニュー→[すべて削除]で削除します。
※別用途で入力されている明細行を削除しないようご注意ください。
 
 
1回目の実行で書き出された明細行をすべて削除した後、改めて[明細書出]を実行してください。

この資料は以下の製品について記述したものです。
かるがるできる青色申告2013 かるがるできる青色申告2014 かるがるできる青色申告2015 かるがるできる青色申告2016 かるがるできる青色申告2017 かるがるできる青色申告2018 かるがるできる青色申告2019