Q:質問
青色申告ソフトは、毎年購入する必要がありますか?
 A:回答
毎年提出する申告書類には、事業所得や不動産所得の申告のための青色申告決算書(または白色申告の収支内訳書)、および確定申告書があります。
 
青色申告決算書(または収支内訳書)については、申告書の様式・申告制度・税制等に変更がない場合は、青色申告ソフトのバージョンアップを行わず、そのまま翌年の申告に利用できる場合があります。
 
しかし確定申告書については例年、様式等が変更されておりますので、毎年ソフトのバージョンアップを行う必要があります。翌年版の製品へのバージョンアップは有償にてご提供いたします。
バージョンアップをご希望の場合は、こちらからお申し込みください。
 
バージョンアップのお申し込みはこちら
 
弊社の青色申告ソフトの製品名は「青色申告らくだ2019」等となっており、「2019」は、製品を利用して実際にどの年に申告処理を行うかを表しています。
例えば「青色申告らくだ2019」は、2019年の2月から3月に申告する平成30年(2018年)分の申告処理に対応いたします。
 
なお「2019」シリーズは、平成31年(2019年)分の申告のための準備を行うこともできます。
2019年1月1日以降も「2019」シリーズを利用して毎日の記帳を行い、2020年の申告時期が近づいた際に、翌年版の製品にバージョンアップして申告処理を進めることが可能です。
 

この資料は以下の製品について記述したものです。
青色申告らくだ2019 かるがるできる青色申告2019