2019年11月のMicrosoft Updateにより製品が動作しなくなる現象について
 
2019年11月13日(日本時間)に公開されたMicrosoft Updateに問題があり、特定の更新プログラムが適用されますと、弊社製品が正常に動作しなくなります。お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、以下の内容をご確認の上、ご対応いただきますようお願い申し上げます。
 
現在、本件のトラブルにより弊社サポートセンターへのお問い合わせが急増しております。スタッフの拡充等を行っておりますが、電話が混雑し大変つながりにくくなっております。またメール・FAXのお問い合わせにつきましても順次対応しておりますが、回答をお送りするまでに相当の時間を要する場合がございます。何卒ご容赦ください。
 
 すでに問題が発生しているお客様
問題が修正された新しい更新プログラムをインストールするための、ツールをご用意いたしました。以下のページで公開している「対策ツール」を実行してください。
 
■■■ 「対策ツール」はこちら ■■■
 
 まだ問題が発生していないお客様
問題が修正された新しい更新プログラムをインストールすることにより、障害の発生を予防できます。以下のページで公開している「対策ツール」を実行してください。
 
■■■ 「対策ツール」はこちら ■■■
  
 問題の概要
2019年11月13日にMicrosoft社が公開した更新プログラム(KB4484127 , KB4484119 , KB4484113 , KB3085368)に問題があり、更新プログラムがインストールされると弊社製品が正常に動作しなくなります。製品により現象が異なりますが、以下のような症状が発生いたします。
 
「クエリは破損しています」等のエラーメッセージが表示されて、製品が起動しない。または一部の画面が開かない。
「給料らくだ」「かるがるできる給料」の起動時に「Error:3340 クエリ 'Q_標準報酬月額表更新2' は破損しています」というエラーメッセージが表示されて製品が起動できない。
「販売らくだ」「かるがるできる販売」の伝票一覧に何も表示されない。
「実行時エラー」が表示されて、製品が正常に動作しない。
これまで使用していたデータが開けない。データが消失したように見える。
 
通常、Microsoft Updateの更新プログラムは自動的にインストールされるため、お客様が操作をしていなくても任意のタイミングで強制的にインストールされます。
 
本現象が発生する、対象となる弊社製品は以下の通りです。
 
らくだシリーズ(4〜9 および 20)
かるがるできるシリーズ(4〜9 および 20)
青色申告シリーズ(2012〜2019 および 20)
 
製品をご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますことを、重ねてお詫び申し上げます。
 
現在、Microsoft社により不具合の詳細情報が公開されております。Microsoft社はこの不具合を修正したプログラムを、2019年12月10日(日本時間 12月11日)に公開する予定とのことです。(追加情報:Microsoft社は2019年11月28日(日本時間)に、この問題を修正した新しい更新プログラムを公開いたしました。しかしながら、手動でのダウンロードとインストールが必要であり、自動更新(強制的な自動インストール)は12月11日(日本時間)の月例配信で実施される見込みです。そのため弊社では、本ページでご案内している「対策ツール」を用いた対応をお薦めしております)
 
 参考情報:Microsoft社の公表した情報
 
なお、今後さらに調査が進み、新たな対処方法等が判明した場合には、このページでお知らせいたします。
 
 補足情報1
「対策ツール」を実行したにもかかわらず、何らかのエラーが表示されたり、データが正しく表示されなかったりする場合には、以下の手順をお試しください。
 
 破損したデータファイルを修復する方法
 
 補足情報2
何らかの理由により、「対策ツール」が正常に実行できなかった場合には、以下のページに記載されている手順に従ってアンインストール(削除)とブロックを行ってください。
 
2019年11月28日以前に弊社が提供していた「対策ツール」
  問題の原因となる更新プログラムを削除しブロックする方法
 
 補足情報3
「対策ツール」を実行し、「補足情報1」の手順を実行したにもかかわらず、問題が解消しない場合には、Microsoft Access Runtimeの再インストールが必要になる事があります。その場合には、以下のページに記載されている手順を参考に、再インストールを行ってください。
 
●「らくだ9 , 20」「かるがるできる9 , 20」「青色申告2019 , 20」シリーズのお客様
 「Access 2013 Runtime(32bit版)」を再インストールする方法
 
●「らくだ4〜8.5」「かるがるできる4〜8.5」「青色申告2012〜2018」シリーズのお客様
 「Access 2010 Runtime(32bit版)」を再インストールする方法
 
●Access 2016 Runtimeで製品を動作させているお客様
 「Access 2016 Runtime(32bit版)」を再インストールする方法
 
 補足情報4
「対策ツール」を実行し、「補足情報1・3」の手順を実行したにもかかわらず、問題が解消しない場合には、BSL製品の再インストールが必要になる事があります。その場合には、以下のページに記載されている手順を参考に、製品を一旦アンインストール(削除)し、あらためて製品をインストールしてください。
 
 製品を削除(アンインストール)するには?
 
 製品を「Webインストーラー」でインストールする
 
 補足情報5
問題の解消後、BSL製品を起動した際に、それまでお使いになっていたのとは異なるデータファイルを開いた状態になっている事があります。その場合には、以下のページに記載されている手順に従って、データファイルを切り替えます。
 
 データファイルを切り替えるには?
 
また何らかの理由により、それまでお使いになっていたデータファイルが正常に開けなくなってしまった場合には、「自動バックアップ」機能によりバックアップされているデータを復元することができます。以下のページに記載されている手順に従って、バックアップファイルを復元します。
 
 自動でバックアップされたデータを復元するには?
 
製品をご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりますことを、お詫び申し上げます。
 
2019.11.13
2019.11.28 更新