Q:質問
過去の「在庫らくだ」のデータ移行はできますか?
 A:回答
「在庫らくだプロ20〜22」は「在庫らくだ2」シリーズ、「在庫らくだ3」シリーズのデータファイルを移行することは、仕様上できません。
 
ただし、データエクスポート機能を使用して、旧バージョンの在庫マスタをCSV形式のテキストファイルにエクスポートして、「在庫らくだプロ20〜22」の商品台帳としてインポートし、その後、同じテキストファイルの在庫数で棚卸することで、運用開始時点での初期在庫として扱うことができます。
 
 1.旧製品で在庫のデータをエクスポートする
●在庫らくだ2
(1) メインメニューの[設定]ボタンをクリックし、[自社情報]タブにある[データ出力(エクスポート)]ボタンをクリックします。
 
(2) 「エクスポートの開始」画面が表示されるので、内容を確認し[開始]ボタンをクリックします。
(3) 「エクスポート方法の選択」画面で、「商品台帳」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(4) 「エクスポート先の選択」画面で、「カンマ区切りテキスト(CSV)形式」を選択し、[次へ]ボタンをクリックし、画面にしたがってエクスポートします。
 
●在庫らくだPRO2
(1) メインメニューの[設定]ボタンクリックし、[自社情報]タブにある[データ出力(エクスポート)]ボタンをクリックします。
 
(2) 「エクスポートの開始」画面が表示されるので、内容を確認し[開始]ボタンをクリックします。
(3) 「エクスポート先の選択」画面で、「カンマ区切りテキスト(CSV)形式」を選択し、[次へ]ボタンをクリックし、画面にしたがってエクスポートします。
 
●在庫らくだ3普及版
(1) メインメニューの[設定]ボタンをクリックし、[データファイル]タブにある[データ出力(エクスポート)]ボタンをクリックします。
 
(2) 「エクスポートの開始」画面が表示されるので、内容を確認し[開始]ボタンをクリックします。
(3) 「エクスポート方法の選択」画面で、「商品台帳」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
(4) 「エクスポート先の選択」画面で、「カンマ区切りテキスト(CSV)形式」を選択し、[次へ]ボタンをクリックし、画面にしたがってエクスポートします。
 
●在庫らくだプロ3
(1) メインメニューの[設定]ボタンをクリックし、[データ操作]タブにある[データ出力(エクスポート)]ボタンをクリックします。
 
(2) 「エクスポートの開始」画面が表示されるので、内容を確認し[開始]ボタンをクリックします。
(3) 「エクスポート方法の選択」画面で、「在庫マスタ(詳細)」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(4) 「エクスポート先の選択」画面で、「カンマ区切りテキスト(CSV)形式」を選択し、[次へ]ボタンをクリックし、画面にしたがってエクスポートします。
 
 2.「在庫らくだプロ20〜22」へエクスポートしたファイルをインポートする
(1) 新規データファイルを作成すると、メインメニューの[導入]タブが表示されます。[導入]タブにある[インポート]をクリックします。
 
(2) 「インポート先の選択」画面で、「商品台帳」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(3) 「インポート先の指定」画面で、[指定]ボタンをクリックし、旧製品でエクスポートしたCSVファイルを指定します。指定後、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(4) 「項目の割り付け」画面で、取り込み元(CSVファイル側)の項目(列)を、取り込み先(「在庫らくだプロ20〜22」側)のどの項目に割り付けるかを選択します。
上記の割り付けは一例です。項目の割り付けは、データファイルの設定によって変わります。割り付け方法、割り付け項目の詳細については操作マニュアルをご覧ください。
 
(5) 割り付けが完了したら、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(6) 画面にしたがってインポートします。
 
(7) インポートができているかを商品台帳で確認します。商品台帳を確認するには、メインメニューの[特別処理]タブにある[商品台帳]アイコンをクリックします。
 
 3.「在庫らくだプロ20〜22」の棚卸機能で運用開始時点の初期在庫を入力する
(1) [日常処理]タブ内にある[棚卸]アイコンをクリックします。
 
(2) 「棚卸」画面の[データ取込]ボタンをクリックします。
 
(3) 「インポート先の指定」画面で、[指定]ボタンをクリックし、旧製品でエクスポートしたCSVファイルを指定します。指定後、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(4) 「項目の割り付け」画面で、取り込み元(CSVファイル側)の現在の在庫数を、取り込み先(「在庫らくだプロ20〜22」側)の「実在庫数」に割り付けます。
 
(5) 割り付けが完了したら、[次へ]ボタンをクリックします。
 
(6) 取り込む内容が正しいことを確認し、[実行]ボタンをクリックすると取り込みを開始します。
 
(7) 取り込みが終了したら、「インポートの完了」画面を表示します。[終了]ボタンをクリックします。
 
(8) 「棚卸」画面に、棚卸のテキストデータの内容が入力されます。日付や数量を確認して、[棚卸実行]ボタンをクリックします。
 
(9) 画面の指示にしたがって棚卸します。
棚卸機能の詳細については操作マニュアルをご覧ください。
 
(10) 棚卸しが実行されたかを入出庫帳で確認します。メインメニューの[日常処理]タブにある[入出庫帳]アイコンをクリックします。
 
(11) 棚卸機能で入力された明細は、「備考欄」に「棚卸調整」と実施日付が記載されています。
 

この資料は以下の製品について記述したものです。
在庫らくだプロ20 在庫らくだプロ21 在庫らくだプロ22